いまかんがえていること
2013-06-23 これはめずらしい 親子、二人揃ってホールインワン
親子、二人揃ってホールインワン
[バージニア州リッチモンド 20日 AP] 父の日に親子でゴルフを楽しんでいた父親と息子が、パー3のホールでそれぞれホールインワンを決めて話題となっている。

父と息子の間にハンディキャップなど必要ないということを証明したのは、ルーニー・ホワイトナー氏(57)と息子のザック君(13)。二人がホールインワンを記録したのは、リッチモンドのリバーポイントゴルフクラブの6番ホール。

父親のホワイトナー氏がギャップウェッジで打ったボールは、115ヤード離れたグリーン上のフラッグポールに当ってそのままカップインした。一方、100ヤード離れた場所から6番アイアンでショットしたザック君のボールは、ピン側に着地後、ゆっくりと転がってカップに吸い込まれた。

ナショナル・ホールインワン・レジストリによると、二人のプレイヤーが同じホールでそれぞれホールインワンを決める確率は1700万分の1だという。